ライフハック

【実録】プログラミング学習が続かない理由3選

プログラミング
悩んでる人
悩んでる人
プログラミングって初心者の90%が挫折するって聞いたんだけどなんでなんだろう?
プログラミング挫折者けんいち
プログラミング挫折者けんいち
実は私もプログラミング挫折した一人なので、そんな私が私の経験から多くの初学者がプログラミング学習で挫折する理由と対策を解説します

 

本記事を読んで欲しい人

  • これからプログラミング学習をはじめたい人

本記事の信頼性

  • 著者がプログラミング学習の挫折者であること(泣)

 

プログラミング学習つづかない理由3選

何のために勉強しているのかわからなくなる

私自身もそうだったのですが、学習をはじめた段階では「転職したい」「フリーランスとしてやってきたい」など希望に満ち溢れているのですが、学習を続けていくにつれて学習理由がぼやけてくる人が多い印象です。

この状態に陥る理由は、転職やフリーランスで働くことを目標に据えているからです。

最終的には転職やフリーランスを目指しているにしても最初からそれではハードルが高すぎる気がします。なのでまずは簡単なものでいいので「〇〇を作りたい」のような成果物ベースで小さな成功体験を積み重ねるべきだと思います。

そういう目標が決まれば、あれを作るには何を学べばいいんだろう?という発想ができるのでアウトプット前提のインプットができ学習効率も爆上がりすることでしょう。

※ちなみに小さな成功体験を積み重ねる超簡単な方法はこちら

アウトプットのためのインプットを心がけよう!!

自分に合った学習方法がわからない

今はいろいろな方法でプログラミングを学ぶことができます。個人的に1番オススメなのは就職して勉強せざるを得ない状況に身を置く方法ですが、いろんな事情で就職、転職できないかたも多いのでしょう。

独学でやるのであればプログラミング学習の登竜門的存在プロゲートドットインストールをはじめとする教材もたくさんありますし、書店に行けば様々な言語の書籍も売られています。

次にタイプ別オススメ学習法を紹介しますので、学習法を決めるうえで参考にしてみてください。

タイプ別オススメ学習法

独学でもブレずに継続できる人

このタイプの方は勝手に自分でどんどん学習を進めていくので、私のような意志の弱い人間が言えることはありませんw

私がTwitterでフォローしていた中にこのタイプのかたが一人いたのですが、ご自身の学習だけでなく初学者が挫折しないようにzoomで勉強会を開くなど精力的に活動されています。

独学できる自信がない人

気分が乗らない日や、仕事や学校で疲れきっている日もあるでしょう。会社の上司や友達から飲みに行こう、遊びに行こうなどの誘惑も多いかもしれません。

「明日から頑張ろう・・・」

私もそうでしたから共感できる部分は多いのですが、そういう誘惑を振り切って継続できない人にはハッキリ言って独学は向いていません。なので可能なのであればそういう企業に就職をするか、先行投資と割り切ってスクールに通うことをオススメします。

独学でやる自信はないけどあまりお金をかけられない人

プロゲートドットインストールを利用するのも良いのですが、比較的安い金額ではじめられるので強制力にかけると思います。自分もまず上記2つからはじめたのですが、ゲーム感覚で進めていけるけど、いざ自分で何かを作ろうってなったら手が動かない。

理由は簡単でこれらの教材はなるべく挫折しないように設計されているので、どうしても学習者が受け身になってしまい、いざ成果物を作る段階になるとどのコードを書いたらどのような結果を得られるかわからない状態になってしまいます。

このタイプの方にオススメなのは金額的には多少負担は増えますが、東京フリーランスが運営しているデイトラや、skill hacksなどがオススメです。これらの教材は現役エンジニアの方などが講師をされているのでプロの現場で使える技術が学べますし、わからないところはSlackなどで質問も随時できるので、わからないまま数日経過してもうイヤになって諦めることの予防にもつながります。

まずは無料のものからはじめて自分の特性に合わせて変えてみるのがベスト!!

 

情報量が多すぎて疲れる

実はこれが挫折理由No.1だと思ってます。

今プログラミングの学習をしている人のほとんどのかたが、TwitterなどのSNSで情報収集をしたり、同じくらいに学習をはじめた人とつながり情報共有したりしています。これに関してはお互いに刺激し合ったり、自分より少し前を歩いている人を目標にしてモチベーションを上げたりと良い面も多いのですが、いろいろ問題もあります。

他人と自分を比較する

もちろん自分もしてました(笑)

案件を獲得したり、転職が決まったりというのを見て落ち込む。これに関しては自分もやってやるという風に自分を鼓舞する材料として利用したらプラスに働くのですが、「今日はまったく学習できませんでした」みたいなのを見て安心しちゃったりするのが1番危険ですよね。みんなあんまり勉強してないなら自分も休んでもいいかなぁって発想になっては目標達成は遠のく一方です。

何が正しい情報なのかわからなくなる

次に問題なのが「〇〇はオワコン」「プログラミングを甘くみるな」などいろんな意見が飛び交うことだと思います。みなさんそれぞれ意見があるのは当然だとは思いますが、この状況は初学者には優しくありませんよね。

こういう意見に振り回されてあれこれ手を出して結局何のスキルも身に付かないなんて人もけっこういらっしゃいます。これに関してはいろんな方が警笛を鳴らしているのですが、影響力のある人の意見が正しいとされる風潮にあるのが残念です。

なので厳しいようですが、SNSはそういうものだと割り切るか、この人って人を見つけてその人だけを追いかけるってのも良いかもしれません。

SNSに時間を使うなら、コードを書こう!!

いろいろと不安を煽るようなことを書いてきましたが、今の時代の流れでいうとプログラミングを学ぶのはかなりオススメです。圧倒的に人材不足ですし、今後さらにニーズが高まるのも間違いないでしょう。たとえ挫折したとしても高額なスクールに通わない限り数万円程度の支出でおさまると思うので興味があれば1度チャレンジしてみてください。

挫折した私が言っても説得力はないとは思いますが(笑)