未分類

プチ断食をオススメしない理由3選

断食

痩せたいけど運動はしたくない

自粛生活で太ってしまったから体重を減らしたい

すぐに効果がある方法を知りたい

痩せたいけどキツい運動を長期間つづけるのも無理だし、継続して食事の制限をするのも嫌だ。

短期間で確実に体重が落ちる方法を探している人が最終的にいきつくのが食べないこと、すなわち断食ですよね。

そして断食と聞いてイメージするのが昔テレビでみた(人もいる)お寺なんかに寝泊りして1ヶ月食べないというものだと思います。

そこまでしたらそりゃ痩せるとは思いますが、そこまではしたくないという人がお試し感覚でしてみるのが1〜3日間くらい水分だけで過ごすプチ断食です。

そこで今回、2年前に買ったスーツを再び着れるようになるという大いなる目標をかかげて体験してみました。

 

結論からいうと私は3日間で3.5kg体重が減りましたが、プチ断食はオススメしません。

 

理由はいろいろあるのですが3つに絞って解説していきます。

 

①単純につらい

ツライ

まず単純にお腹はすきますからツライです。

どうにか空腹をまぎらわそうと水を飲んではいましたが、やはり固形物を食べた満足感は得ることができません。

人それぞれ環境は違うと思いますし、一人暮らしの人なら大丈夫かもしれませんがうちは2人の子供がいるので食事の用意はしないといけません。

考えるだけで嫌になるかもしれませんが自分が食べないのに食事の準備をしないといけない葛藤・・・空腹よりも「何で食べない自分が作らないかんねん!!」というのが精神的ダメージが大きかったですね。

普段から1日2食とかですませている人なら可能かもしれませんが、お腹がすくとイライラしてしまうって方には絶対にオススメできませんのでそういう方は食事制限をするなど無理のない範囲でやっていけば良いと思います。

②リバウンド不可避

リバウンド

これはプチ断食だけの話ではないですがもちろん断食をやめて普通の生活に戻ればリバウンドします。

私もお酒を控えるとかお菓子をあまり食べないとかしてますが、1.5kgは戻ってしまっています。

どんなダイエットをしていてもやめればリバウンドは避けられません。

じゃあなぜその中でもプチ断食はとくにオススメできないのかというと、仮に筋トレをした人は筋肉が大きくなることで基礎代謝が上がるので気持ち程度かもしれませんがリバウンドの予防ができます。

でもプチ断食をしたほとんどの人がただ食べないだけで期間中を過ごします。しかも極端に食べないことを自分に課していた反動で爆食いしてしまう可能性もほかのダイエットより数倍高いでしょう。

後述しますが、食事をとっていないので運動する活力も漲ってこないですし、単純に危険です。おそらく誰に聞いても同じことをいうと思いますが過度の運動は控えないと身体を壊しかねません。

③無気力・体調に異変

無気力

もしかしたら私だけかもしれませんが、プチ断食期間中どんどん無気力になっていきました。

初日は普段している筋トレを継続してできたのですが、2日目からは用事をしていない時間は常に寝転んでスマホいじってるような状態で、3日目にもなるとさらに頭痛もあってほぼ寝たきり状態・・・。

子供たちの食事の準備をしていても集中力も散漫になるし、ちょっとした段差につまづいたり、何もないところでフラついたりもしました。

もしこんな状態で仕事をしたり、車の運転をしたりして何かあったら悔やんでも悔やみきれないと思います。

 

まとめ

健康的

プチ断食は短期的にみると体重も落とせて効果はあるが、リバウンドも起こりやすく健康を害する可能性もあるのでオススメしません!!

 

痩せたいのなら自分ができる範囲の負荷で続けられるペースで運動して、毎日飲んでいたお酒を1日置きにする。お菓子をたくさん食べてしまうなら常備しないなどの工夫をして長期的な視点でダイエットをするのをオススメします。

極端なことは効果もありますが、その反動もまた極端にあらわれる危険性をはらんでいることを理解しておくと良いでしょう。

本記事があなたの生活をより良いものにするのに役立ててもらえればうれしいです。